レンタルパレットとは

レンタルのメリット

一貫パレチゼーションを導入することによって、理想的な物流の効率化が実現できます。

空パレットの返送コスト削減

荷物が着地に到着したら、当然ながら自社パレットを元の場所(発地)に戻す「返送コスト」が掛かるのじゃ。
運良く着地から荷物を積んで帰ってくることもあるが、そんな幸運は めったに訪れん。
大抵はパレットが溜まったら「わざわざコストを掛けて」パレットを返送するんじゃ
NPPのパレットなら着地に近いNPPデポに
返却するだけでOK。

返送コストが不要で大幅削減ですね!

余分パレットが不要

さらに問題なのは「眠っているパレット」の存在じゃ。返送と使用のタイミングが合わず、様々な発送先(着地)にパレットが「溜まって」しまうことになる。
自社パレットの場合、必要枚数の3倍以上のパレットを持つ必要があると言われておる。それこそ、無駄なコストの元凶と思わんかね?
NPPのパレットレンタルなら
必要な時に、必要な場所で必要な数を借りて、不要になれば返却できるから、
余分なパレットを抱え込む必要がないんですね。

季節波動によるパレット数を調整

季節ごとの在庫変動や急な増産の度に、パレットをいちいち購入していると、常に最大数のパレットを保有しなければならん。 使わない時期のパレットを保管して管理するコストは、「見えない」だけで、実は莫大な負担になっておるのじゃ。
使わないのに費用が掛かるなんて勿体ない!
パレットを必要な分だけ借りれば
維持費用の削減、保管スペースを有効に使う事が出来ますね!

パレットの品質管理はNPPが一括管理

そして、残念なことにパレットは「消耗品」じゃ。
痛んだり壊れたりも多々ある。膨大な数の自社パレットの状態を管理して修理・補充していくコストも大問題なのじゃ。
しかも、廃棄する場合は「産業廃棄物」として、別に費用が発生するぞ。 何より、自社パレットの場合、管理が追いつかないので、「まあ、いいか」と、次々と新しいパレットを買ってしまうのじゃ。
NPPがレンタルするパレットは、
いつも良質のコンディションを保ってますよね。
レンタル数の管理さえちゃんとすれば、あとは余計な心配は無い。レンタルならではの大きな強みですよね。

コスト負担を明確化

物流スタイルは会社様々じゃ。
NPPは専門家が物流コスト負担を明確化、
その会社に合った的確なレンタルプランを提案

しておるぞ。
今まで気づかなかった費用の存在もわかるはずじゃ。
う~ん破棄や洗浄、使わずに保持してるだけでもこんなに費用が!
一貫パレチゼーションなら使い終わったパレットを近くのでデポで返せばいいからこれからはレンタルにしようかな!